洗濯機のプロペラ ねじ1本で自分で修理する場合 パルセーター交換 | ins Tagebuch schreiben
FC2ブログ

洗濯機のプロペラ ねじ1本で自分で修理する場合 パルセーター交換

洗濯機が壊れたので修理してみました。
最近何となく下のプロペラっぽい部品、回りが悪いなーと思っていたら
ある日、突然回らなくなりました。音を聞いていると駆動部分は生きている様子。
年数もそこそこいっているので、修理というより買い替えになるだろうし、
修理を呼んだら万単位だろうな~すぐに来てくれないかもだし・・・と思い調べてみると、
部品はパルセーターと言い、ねじ1本でとまっている様子。
洗濯機本体の型番からパルセーターの部品番号を割り出すと、
楽天で販売していたので手には入る・・それなら自力で修理できるかも、と
ダメもとで

ねじ回しで分解
!注意! ※これをした時点でメーカーサポートを受けられなくなる可能性があるので、
自力修理は壊した場合そのまま廃棄の覚悟を決めること&自己責任で行いましょう
sentaku.jpg
パルセーターを取り除くとメカっぽい台座部分の部品登場。
ちょっと錆がでているものの、まだ使えそうな感じ。

楽天のお店で注文すると2~3日で、箱ではなく小型包装物っぽいプチプチの
簡易包装でパルセーター到着。
新旧パルセーター、違いはこんな感じ。
senntaku4.jpg
文字がかかっている方が古い部品。黄色がかっていて、
古くなったプラスチックです!という主張をしています。

パルセーターの裏、台座との接地面。
senntaku2.jpg
古い部品は、ギザギザが削れてしまっています。
こう見ると、パルセーターって消耗品なのですね。
でも、普通の人はこの時点であきらめているかもしれないので、
消耗品というのかどうか??

senntaku3.jpg
新しい部品。ギザギザあり。これで台座のギザギザとかみ合わさって
モーターの駆動を伝えてグルングルン洗濯機を回しているようです。

とりあえず、問題なく洗濯機が回るようになりました。
あと数年で買い替えになるでしょうが、直ぐに直ったので良かったです(^^

関連記事
スポンサーサイト