NAOのプログラミング体験  | ins Tagebuch schreiben
FC2ブログ

NAOのプログラミング体験 

ドコモさんにご招待いただき、NAOのプログラミング体験へ!

プログラミング会場へお邪魔する前に
ドコモさんの本社へ。テクノロジーが将来
どんな形で私達の生活を変えていくのか、
夢が広がる美しい映像でつづられた未来像、
3Dを駆使したバーチャルリアリティを体感できる技術、
方向音痴な私に欲しい体感型の道案内器具(結構切実に、
ブレスレット型に改良して作って欲しい><)などの
体験会がありました。オハナス(携帯電話アプリと連動して
会話ができるロボット)の展示もありました。

私個人は、展示室に展示してあったウェアラブル端末と
移動中にあった廊下の、モニターパネル(バーチャルな昔の東京を見ることが
できると思われるツアー?)が映し出されたモニターが気になりました。

我が家の子供達が動くオハナスを見たのは初めて。
トイザらスや日本橋のロボットベース(もしかしたら
違うところかも??)での展示は動いていないものだったので、
実際に動いているところを見れて大喜びでしていました。
会話の雰囲気は、子供たちが話しかけるのが好きな、アイコンシェルの
羊君に似ていますが、それより更に表現力豊かな感じでした。

午後、お邪魔したプログラミング会場には沢山のNAO!!


nao1.jpg
NAOはペッパーより前から開発されているロボットです。

nao2.jpg

かなり高価なロボットなので、扱いが分かっている研究者ではなく、
各テーブル1台、子供に自由に使える体験をさせるというのは、清水の舞台から飛び降りる
位の英断だったのではないかな(^^;ありがとうございます。

nao5.jpg

バランスを取るのがとても上手で、驚きました。
傾いても、片足でも、重心をうまく移動させて静止したり、
ポーズを変えたり。

沢山の関節を駆使して、細かでスムーズな動きを見せてくれました。
nao4.jpg

バランスを取るのがとても上手で、驚きました。
傾いても、片足でも、重心をうまく移動させて静止したり、
ポーズを変えたり。

沢山の関節を駆使して、細かでスムーズな動きを見せてくれました。
nao6.jpg



目を合わせることで、会話をするのですが、
会話をしている本人以外の音を拾わないようにするような
精度の高さを持っているそうです。(この機能は人には備わっていますが
ロボットだとものすごく難しい機能なのだと、どこかで聞いたことがあります。)

ある程度ベースのプログラミングが組んであるソフトを使って
クリックやドラッグで支持を与え、どんな言葉をしゃべらせたいか
どんな動きを与えたいか、組み立てていきます。
言葉の長さ、速さを工夫して、より自然になるように・・・・
低学年のチビでも、講師のお姉さんやお兄さんに手伝っていただいて
NAOを動かすことができました。
nao7.jpg

すごく楽しかった!と
家に帰って興奮冷めやらぬチビ。

もともと好きな分野ではあるのですが、
最先端の技術に触れあい、更に興味の幅が広がったようです。
関連記事
スポンサーサイト