マイナス金利時代の家計管理。 | ins Tagebuch schreiben
FC2ブログ

マイナス金利時代の家計管理。

ワタシ、今まで本当に何も考えずに生きていました。
短期間で徹底的に掘り下げて考えたり調べたり、
短い間、何かするのは得意ですが・・・日々の生活の中には
他にも考えることがいっぱいあり、作業もある。すべてを
掘り下げることをルーチンワークにして毎日習慣化できるかというと、
継続するとかなりの無理があることなので(^^;
結局生活に追われている間に何もできずに
日々が過ぎていく感じ。

日々の積み重ねで生活ができあがるので、広く物事を考えるのが苦手な私には
一見節約家でも、生活の全体を俯瞰して考え、社会的に生活する力があるかというと
そうでもないのだな~と改めて思います。

夫が堅実なタイプなので、こうした方がいいんじゃないの??とか
そろそろこれしようか?と言い出すと、ああそうか。と調べたり考えたり。
それで、バランスが取れているのだと思います。夫自身でも
家計の管理をしていますが(うるさく言うタイプではないです)、
それとは別の、動いていないお金をきちんと把握&管理しようという話になりました。

今回、改めて思ったのは銀行の金利は案外ばかにできないなという事。
学生時代に作った口座。前の仕事の時の振込先の口座。
結婚したり、子供が産まれたりしたら、まとめたり閉じたり。
きちんと管理する人も多いのでしょうが、ずーっとほっぽってありました(^^;

今の普通口座の金利はとてつもなく低いので、0.0幾つ~とかなのに、
定期預金だとものによってが0.5%とか。下手するとそのまま置いておくだけでも
利子が10倍違う。金利高めだな、とチェックはするものの、
スイッチが入るまでは自分の生活と関係がない話のどこか別の次元の話という気がしていました。
夫に、金利が高めなのがあったよという話をしたら、もうちょっと調べようかという話になって、
ただ放置しておくだけでつく金利が、少し手をかけてまとめて高めの金利の定期に預けるだけで、
こんなにも違うのか・・と今頃気付きました(←かなりのおバカ)

調べたところによると、ゼロ金利(マイナス?)政策をしているので、
段々と銀行にお金がなくなってきて、利息も減ってく可能性もあるとか。
なるべく良い条件の金利でお金を預けるなら今がチャンスなのかも。


関連記事
スポンサーサイト