美味しい新米のおにぎり、作ってきました! | ins Tagebuch schreiben
FC2ブログ

美味しい新米のおにぎり、作ってきました!



新米の美味しい季節ですね(*^^*)

お米大好きな我が家の男衆に、時々ダメ出しされるのが
悔しいので、新潟米PRのスペシャルユニット、
ライスガールズさんに 美味しい新米の食べ方を教わってきました!
20151121224435ec9.jpeg


皆様現役の農家さん。
「農業は楽しいです!」と生き生きと話されていて、
こんな素敵な笑顔で慈しまれながら、育てられたお米だから
きっと美味しいだろうな~とお結び作りが楽しみになりました。

おいしい銀シャリの作り方
2015112122443591f.jpeg

美味しい新米の炊き方のコツ
*研ぎ方、水加減
お水は気持ち少なめに
お米を研ぐときは3回ぐらい
*炊き上がったら
すぐに天地をひっくり返して混ぜる
(そのままにしておくと固くなるので)
*冷凍保存する場合
炊き立ての熱い内にラップをかける
(荒熱を取るうちに水滴がラップ内につくので、
解凍した時にふっくら瑞々しいしあがりになる)
解凍1膳2~3分が目安
豆知識・・とぎ汁で雑巾掛けすると良い

20151121224435ade.jpeg

美味しいお味噌汁のコツ
今回は里芋のお味噌汁でした(^^
お味噌もライスガールズさん達の自家製。
30kgを100袋も作るのだそうです!
*昆布
前の晩~か、少なくとも1時間は水に浸す
(長くつけるとトロミが出るが、過熱するとサラサラになる)
沸騰前には取り出す
*鰹節
昆布とあわせるときは少なめに
*味噌
最後にいれる、煮立たせない。

おにぎり作りで実演してくださったり、
各テーブルでマンツーマンで教えていただいたり…。
20151121224435ae2.jpeg
20151121224435f87.jpeg

おにぎり作りのコツ
*海苔
ツルツルが表 
*おにぎり
水をつけてもおこめが手にくっつく場合は
塩を追加するとつきにくくなる。
最初にキュッと握ったら、真ん中に
くぼみを最初に作っておくと具が入れやすい。
藻塩を使っても美味しい

201511212246248ae.jpg20151121224435a61.jpg
20151121224624d6d.jpeg
梅干
自家製のきりあい(3年味噌に漬け込んだ大根とゆずとゴマが入ったもの)
かぐらなんばんの味噌合え がおにぎりの具でした。
流石お米どころの郷土料理、ご飯がすすむ(^o^)

このイベントにあわせて、前の晩に煮込んだ里芋の煮物、
お漬物までもってきてくださって、と~っても美味しかったです。
里芋の作り方や、おしんこに風味付けに入っていた
紫蘇の実の塩漬けの作り方も聞いたり・・・。
浅漬けにちょっとしょうがを入れてもいい風味付けに
なるのよ~など等、新潟のお米に合う副菜の作り方もご教示頂きました。
新潟のお米も、これからはもっと美味しく食べれそうです。
ライスガールズの皆様、お世話になりましたm(__)m


【新潟県・JA/JA全農新潟】のモニターに参加中
関連記事
スポンサーサイト