子供と一緒に 足柄 ② 大雄山最乗寺 | ins Tagebuch schreiben
FC2ブログ

子供と一緒に 足柄 ② 大雄山最乗寺

夫の突然の思いつき?で足柄のアサヒビール工場見学へ行ったので
当日の朝、近場で見れる場所を探したところ、
大雄山最乗寺には、

巨大な下駄 やら、
天狗さん やら、
ほら貝 やらがあるらしい・・・という情報を見つけて

工場見学の予約の時間まで行くことに。お昼を食べた後、
お寺に向かうと、あと30分というところ。何か広そうだけど、まわりきれるかしら・・。

手を洗って清めて~ってやっていたらお坊さんが、植木に水をやりに
来ていたので、洗う順序とかのお作法ってどうやったっけ??と
聞いたら、神社じゃないから大丈夫だよ~(^^;と。
あれ?順番決まっているのって神社だけだっけ??
ten5.jpg

長ーい廊下・・・子供の一日座禅会(1000円)とかやっているという張り紙有。
ten4.jpg

緑が茂り、水場が多い境内。立派な塔もあり、パワースポットと
評判なのも頷ける感じです。お参りするときは、きちんと被り物をとって。
挨拶するときと同じだよ~とチビ&ヒメに教えて、レッツお参り。
ten3.jpg
水場にはしゃぐチビ達。

暫くすると、

ぶぅおおおおぅ
という、合戦でも始まるかのような音が!!
これか!!ほら貝。

その後本堂の方から太鼓などの鳴り物と一緒にお経が聞こえてきました。
ご祈祷の合図だったのかな?以前総持寺で朝にお坊さんが全速力で
鈴もって廊下を走り抜けているのを見たことがありますが、それに通ずるものが・・・。
生ほら貝、初めて聞きましたよ!

本堂に向かって階段を上っていくと、祈祷中だったのでお参りもそこそこに
脇を見やると、噂の?下駄の数々。巨大なのは、このサイズ。
ここでも、興味深々のチビ達。触っちゃだめだよ~
皆のお願いがこもったものだからね(^^;
kou4.jpg

結界門では、天狗さんがお出迎え。
ten.jpg

この後、階段に次ぐ階段でお疲れ気味なチビ。
ヒメは黙々と、登り続けて、対照的でした(^^;
しっかりしろ~お兄ちゃん!

極めつけは、奥之院。
登れるかいの??と挑戦的な天狗さんを横目に
サクサク登ります(工場への出発時間があと15分とかだったので)
ten2.jpg

流石に、最後の数十段はきつかった・・・。
履きなれているとはいえ、サンダルで来るところでは無いな~と
思いました(履き心地抜群なので、靴ずれとかにはなりませんが)。
人が結構いたので奥之院の写真は撮り忘れ~(^^;
帰りは坂道もあったので、森林浴をしながら楽々でした。

有名な霊水や、霊感のあるなしが分かるといわれている岩もあるので
今度はゆっくりでかけてみたいです。
関連記事
スポンサーサイト