家族 | ins Tagebuch schreiben
FC2ブログ

家族

無料素材で習い事の募集ポスター作製(和風)してみた

和風の習い事をされている方、


募集ポスターを作られる機会もあるかと思います。
私は商用利用可能な無料コンテンツを使って作っています。

naraigoto.jpg

※雰囲気を伝えるためのサンプルのため
消したいところは消しています。

子供が多いお教室、和風の習い事って
礼儀に厳しい(まあそうなんだけど)というイメージが多いですね。
礼節とか、武道系だと強さとか、自分を律して精進あるのみ!
みたいな空気感。
でも、子供たちが続けたいと思える動機付けの
根底にあるのは憧れだったり、カッコよさだったり、楽しさだったり。

礼節はもちろん大事だけど、恫喝して押しつぶしてしまうのは
なんか違うな~と思うので、子供でも分かるような、
ゆるっと系のポスターにしてみました。だからと言って、
いい加減でいいというわけでもなく、
もちろん、ケジメは大事。
凛とするべき所はしっかりと!とも思っていますが。


使用ソフト
Pixia(http://www.pixia.jp/)
学生の頃から使用していますね~(^^
お世話になっています。とはいっても、今までは
クローンブラシや切り取り、ブラシパネルぐらいしか
使ったことがなかったので、今回レイヤパネルを初めて使いました。

結構頻繁に落ちる(強制終了する)ので、Pixia形式で
レイヤにして文字や画像を毎回こまめに保存することと
背景を透過して画像だけを乗っけたいというのがあって、
何となく知っていたレイヤ機能を使いました。
※Pixia以外のJPEGとかで保存してしまうと、
後でレイヤをいじって編集することができなくなります。


透過作業 

狐のお面や人物などの背景は白でしたが、
それをそのまま貼り付けてしまうと、
壁紙にべたっと白い背景と画像がついてかっこ悪いので
pixiaのレイヤー編集で画像の濃淡や背景色の濃淡を
調節して画像についている背景を薄くしてその下の壁紙の
色を出すという作業をしました。  

 
イラストはこちらから

https://www.ac-illust.com/
無料利用は、一日のイラスト検索数、ダウンロード数に
制限があるので、余裕をもって何日かかけてイラストを探すといいと思います。
(履歴も残らないので、自分で記録しておくといいと思います。)

基本的に商用okですが、イラストのイメージを損なわない、
デジタル利用は再配布しない、メインのコンテンツとして使用しないなど、
詳細があるので決まりを熟読の上、利用してください。

文字フォントはこちらでダウンロードしました。
https://opentype.jp/kouzanmouhitufont.htm

無料コンテンツといっても、
作り手側は自分の時間を削り、
作成してくださっています。
利用者のモラルをある程度信用して決められた範囲での
配布が行われているものが多いので、守った上での利用を
続けていきたいですね。
スポンサーサイト



近況報告 

1月中旬~末まで体調を崩していました。
家族でインフル一巡し、やっとこのところ
体調も回復しましたが、私が気管支炎気味です(^^;

脾臓は抗体に関連した臓器なので脾損傷で
莢膜のあるウィルス(インフルエンザ、コロナ、肺炎球菌)などが怖いです。
twitterでコロナ関連のツイートが増えると思います。
妹さんは元気に登校していますが、まだ脾損の経過観察で通院しています。

インフルでかかったお医者様によると、大体インフルって毎年不思議と、
かかる型が同じパターンが多いんだよね~と。

今年は我が家、周囲でかかっているA型ではなく、
B型にかかりました。1月中旬にワールドポーターズの
バースデー割引を受けに行って以降のインフル感染。
インフルの不安があったので、普段は気を付けて
人ごみにあまり行かず、ポーターズでもマスクしていましたが、
妹さんからインフル発症、家族間でリレーしてしまいました。
お医者様からは、脾臓は機能していて(摘出ではなかったから)
抗体生成機能も問題ないと思っているということでしたが、
やっぱりちょっと免疫が落ちているのかな~と感じました。

当選品や、ポーターズのバースデー特典なども
落ち着いたら書いていきたいです。

妹さん、回復 

「妹さん」、退院、1週間の自宅療養を経て
無事学校に復帰しました。
暫くは、車で登下校するように病院から指示があり、
転倒、打撲により傷が開くリスクがあるため
気は抜けませんが、見た目はすっかり元気です。
(本人に全く自覚症状がないため危なっかしくて怖いですが^^;)

体育ができるようになるのは、春先の見込みですが
多臓器の損傷ではなく、後遺症のない脾臓のみ(摘出、手術無し)で
済み、命に係わる怪我では無かったことに感謝したいと思います。
音楽を聴いただけで踊りだしたくなるような、活発な
「妹さん」なので、お友達と遊ぶのがしばらく先になってしまうのは
ちょっと可哀そうですが、今回の事は、丁寧に生活することを見直す
いい機会になったと思います。
ブログに、入院の事を書いたまま更新できず申し訳ありませんでした。
ちょこちょことまた、書いていけたらいいな~と思います。

妹さん、入院。

ご無沙汰しております。
実は今、「妹さん」が入院中です。

脾臓を内部打撲で切る大けがをしてしまった為です。
台風の次の日、学校が休みになり、例の隣の子とご近所のお兄ちゃん達が朝に誘いに来ました。
我が家は被災しませんでしたが、叔母の家の屋根、3分の1が飛んだと聞いていたので、
午後は手伝いに行こうと私と夫で家の周辺の点検とかたずけをしている途中で、
近所では電信柱が倒れているところもあり、その時点で、
モヤっと嫌な感じがしていて、遊ぶなら家の周囲にいてね、と言っていました。
公園に行くと聞いた時点で更に嫌で、家に残って手伝ったらって言いました。
夫が許可したようで、いつの間にか公園に行っいました。

そして、60㎝やそこらの高さから、鬼ごっこをして
隣のお兄ちゃんから逃げる途中、バランスを崩しておなかから落ち、
動けなくなっていた、という事でした。

痛がってる間、兄さんは大丈夫かって言ってて、
パパ呼びに来たけど、近所のお兄ちゃんたちは
皆笑ってて悔しかったって妹さんが言っていました。

怪我して家に夫が運んできたとき、
意識もあり、受け答えもでき、外傷も打撲傷も外からは全くありませんでしたが、
唇が蝋燭みたいで、痛がりながら時々眠気が出るように昏倒するような状態でした。
すぐに小児科へ。(信号が停電していたり、救急車がひっきりなしに
サイレンをならしていたので、自力で病院に行ったほうが早いと判断しました)
紹介状を貰い、大病院へ。エコー、CTをかけて貰ったら脾臓の深部
(傷の深さ指数1-3のうち、3度)までいってる傷でした。

病院についた時点で臓器出血が止まっていなかったので、
食塩水と止血剤点滴して安静に。脾臓は傷があるものの、
動脈も無事で機能しており、2日後からやっと水分や食事、
トイレも部屋でポータブルトイレになって、3日後に点滴が抜けました。
脾臓打撲受傷だと静脈瘤と遅発性破裂と言って後から
大量出血するリスクもあるらしくて、2週間は気が抜けないという説明を
受けましたが、今のところは順調に回復してきています。

隣にはもう本当に関わらないで欲しいです。受傷日も入院準備で
一時帰宅の時に、夫が外にいて顔を合せたので、その場に子供たちが
居たので後から伝わるだろうと思い(そうなるとまた、何で言ってくれなかったの
と揉める元なので)入院の事を伝えると、車で病院向かってるときに私にLINE電話で「妹さん」大丈夫?
うちの子が押したりして怪我したんじゃないかな?兄さん剣道行く場合うち連れてくよ
という電話が来ました。

「妹さん」の自爆ですから、押してません、大丈夫です。
これから病院にはいるので電話できないので、って電話を切りました。
隣のお子さんから逃げようとして転んではいますが、そもそも、
足元が悪い日に、サンダルで行動した妹さんがいけないとは思います。
雨上がりの遊具、靴、フードや紐の付いた服、いつもの注意が
きちんと届いていなかったこと、台風の日のかたずけで公園に行く前に
チェックできなかったこと、いまだに悔やんではいますが、
剣道どころではない、夜中、大量出血電話がかかってきたら、
このまま臓器の出血が止まらなかったら・・・と数日、
眠れない状態で、受傷日当日にかかってきた無神経な電話。

隣のお子さんが、親御さんに何も言わないからと
こちらの都合も何も考えず、居合わせた自分の子供がなにもしてないという
確認を私にしてくるというのが、本当に嫌でした。夫から2週間の入院になることや
ある程度の病状は伝えてあったのに、電話をかけて確認作業してくるという。

もう一人の子の親御さんは、大丈夫だった?お大事にって、LINE文字で
連絡をしてきてくれて、(入院したのを隣に言ったのは、後の揉め事を考えてで、
他の親御さんには言わずにいたのに、隣が他の親御さんに言ったようです)
後で直接会ったときに、「一緒に遊んでいた時に怪我してしまってごめんね」と言って
下さいました。そこではじめて、隣からは、
「あそう、押したりしてなかったんだ(良かった)」みたいな声掛けのみで、
遊んでいたのにごめんね、という声掛けも無かったことに気がつきました・・。

やっと、子供も私も落ち着いてきました。
外見はすっかり元気、手術もなく済んでいますが、
今も部屋でポータブルトイレを使い、個室にいるので、
軽めの重症の部類に入っているのかも、と思います。

今回の事で、隣は、本当に、本当に、
かかわりたくない人だと、心底思いました。

今年もインフル。我が家はゾフルーザーとイナビル使用。

今年もインフルにかかった我が家。
タミフル®もリレンザ®も子供か私が服用したことがありますが、
今年は私はイナビル®、子供はゾフルーザ®を処方して貰いました。
一番臨床データが多く、薬価も安いタミフル®にしなかったのは、
ゾフラール®は菌の増殖自体を抑えるので、回復が早いということを
聞いていたのと、服用が1回で済むことが大きかったです。

私も本当はゾフラール®をと思いましたが、耐性菌の問題があるということで
お医者様の方針でイナビル®(こちらも服用1回)に。

子供も私もくすりを飲んだ後の異常行動などはなく、
服用の翌日には解熱しました。
zof2.jpg zof.jpg

そもそも・・・薬を飲む前に、9度を超える高熱になっていた時
子供を学校に送り出した後、私が横になっていた時に、
子供が階段を上って、私が寝ている部屋を横切る気配がして、
まだいるの?早く行きなさい!と言った後に誰もいないことに気が付き・・・
あー高熱でうなされると、脳が暴走するんだな~と実感したので、
薬のあるなしにかかわらず、インフルで高熱がでるといろいろ普通とは
違うことが起こるのだと思いました。

早く動くことで回復も早かったので、これからはインフルか?と思い次第すぐに
お医者さんに行くことにします。(もちろん病院が混んでいるので、事前に
隔離室が開いているか確認し対処法をよく考えて、
なるべく拡散しないように対策してから病院にいきました)