家族 | ins Tagebuch schreiben
FC2ブログ

家族

子供と一緒に 川岸キャンプ 料理偏

camp_20180611012920fb0.jpg

今回は、突然夫が思い立って出かけたので
準備期間がなく、もともとテント泊だったので、
私も一緒に行く予定ではありませんでした。

私が虫嫌いなので、テント泊は無理!と言っていたこともあって、
迄はバンガローに泊まっていたのすが、どーーしても、テントに
泊まりたい、という事で・・・子供と一緒に行くけど、色々最小限で~と
行っているのを聞いて、不安になり同行することに('◇')ゞ

今回は運動会の翌日に出かけるという無茶振りだったので、
cmp2.jpg

食材
バーベキュー用
カシラ、タン、焼き鳥
エリンギ、オクラ、ヤングコーン
ジャガイモ(ホイルに包む)
フランクフルト

焼きそば用
ニンジン、キャベツ、玉ねぎ、焼きそば
お肉は、バーベキューの残りを投入

翌日用
みかん、ホットドッグ用パン、フランクフルト、レタス、ミニトマト
ヤクルト
camp_20180611010515f41.jpg


調味料
富士食品の豚バラ塩だれ(使いきりで便利でした) 
コショウ、塩、ケチャップ、わさび、ソース、マスタード、
醤油、マヨネーズ、油

おやつ
マショマロ(チョコ入り)バーべキューの最後に
串にさして焼きます。
ポップコーン

飲み物、常温品
カップスープ、カップ麺 、コーヒー、紅茶、緑茶、
カップスープ、缶(スパムハムみたいな缶、今回は使わず。)
夜に大人が少しアルコールを飲むのでビールとサングリアを用意
ジャーの1個は全部氷だけを入れて翌日まで使います。

************前日準備************
焼き鳥肉
運動会にも持って行ったカシラ肉半分(一口大に切っておく)
タン、フランクフルト を冷凍しました(保冷剤替わり)
オクラとヤングコーンはさっと湯がき、粗熱をとって
ジップロックに入れ、冷蔵庫へ。
焼きそばは冷凍庫へ。
ちくわも冷凍庫へ。


出掛ける朝、エリンギ、キャベツ、ニンジン、玉ねぎ等は切って
洗ってジップロックへ。(焼きそばに投入できるように)

出掛ける日の朝の朝食
鮭おにぎり(運動会に入りきらなくて使わなかった鮭)
ヨーグルト、フルーツ

今回は、まな板も包丁すら持っていかずに済ませてしまいました。
使った調理器具は、炭火のグリル、鉄串、トング
卓上コンロ(フライパン)、ケトルぐらい・・・。
camp3.jpg

手持ちが足りないことで、アルミで蓋にしたり、キャンプらしい工夫は
出来たのかもしれません。
ステーキとか、シーフードとかは無く、あるものの間に合わせでしたが
火が通りやすく、調理しやすく、今迄で一番おいしく出来ました(^^

スポンサーサイト

子供と一緒に 川岸キャンプ 遊び偏

camp2_20180611010516d25.jpg


小鳥さーん、おいでー!

と、起き抜けに不思議ちゃんな妹さん。
家族で初めてのテント泊。
川岸キャンプならではの遊びをしてきました。

日中、河原探検をして蛇やらオタマジャクシやら
見つけて大喜び。鉄板ですが、ずーーーっと遊んでいました。
帽子と日焼け止めは必須です(^^;

シャボン玉も用意しておいたのですが、夫が、
荷物が多いから置いてきた!吹くやつ無かったし!と。
どんな材料でもシャボン玉ができると思うのでそれを見つけるのも
楽しみの一つだと思います。(それを聞いて持ってくればよかった!
と言っていましたが・・)次回は車に先に積み込んでおきます。

お昼はお湯だけ沸かしてカップ麺で!

その後は、子供が遊んでいる間にポップコーンをつくっておやつの
準備を。調味料が最低限でしたが、富士食品の豚バラ塩だれを
絡めたら意外に美味しかったらしくモリモリ食べていました。

夕方からは、花火を。虫が出る季節だったら
火をつける用のキャンドルを虫よけが入ったものにすると良いかも。
少し薄暗くなり始めたころから始めると、手元が見やすいし
足元も分かるのでちょうどいいと思います。


camp4.jpg

お料理偏にも書きますが、バーベキューの最後に
マショマロ(チョコが入ったものだと、更に美味しい)と
鉄串を持っていくと自分でわーわー言いながら焼いて食べます。
あぶり過ぎると一気に燃えるので、一緒に調節してあげると良いですね。
途中、ファミリーマートがあると、PBで個包装されたチョコマショマロが
あるので調達できます。

camp5.jpg



全プレ セブンイレブン 母の日似顔絵 2018

セブンイレブンで母の日の似顔絵企画が今年も開催されています。

公式ページにも記載はされていないようですが・・・
似顔絵の台紙を貰う→台紙をもってお店へ
チョコレート&似顔絵を入れる台紙を貰えます。
大師が無くなり次第終了なのでお早めに!


毎年上手になっていく似顔絵を楽しみにしているので、続けてほしい企画です。
去年の参加記事

春休み 伊豆・小田原 蒲鉾博物館 など、穴場情報

春休みに小田原、伊豆方面へ。
shu_20180410004410627.jpg
修善寺やアスレチック、
izu.jpg izu2.jpg

小田原の蒲鉾博物館
kama.jpg

(子供向けのイベントを色々していて、お店屋さんごっこや
寄木細工の駒を作ってきました^^)

驚いたのは、源頼朝って島流しになったと記憶していたのですが、
実際は、蛭が島っていう沼地に流刑になっていたのだそうです。

島流しっていうと、海の孤島ってイメージでしたが・・・陸地だったんですね。
お茶屋さんと、茅葺屋根の旧家で入ることのできる施設があったので
蛭が島に向かったのですが、3月の強風で屋根が吹っ飛んでしまったそうで、
旧家には修理中で入れず・・・・隣にあったお茶屋さんでお餅を食べました。
mochi_20180410005414899.jpg
びよーんと、よく伸びる美味しいヨモギのお餅。子供たちが大喜びでした。
夫の祖母がついてくれるお餅のようでした。

店内には竹トンボや手作りのスプーンもあったのでバタースプーンを買ってきました。
お店の方も気さくで、子供に玩具の使い方を教えて下さったり、全体的にリーズナブルなので
今度は軽食はこちらで済ませたいです(^^

子供と準備 ひな祭り 簡単メニュー

今年のひな祭りはリーズナブルに、
手軽に楽しく過ごしました。

食材:2月中に事前に購入し、冷凍保存
(特に生ものはひな祭りの週から急に値上がります)

手間:子供と一緒に楽しむ
親が作るのは、チラシ寿司1品、お吸い物1品だけ。
hina_20180307083441a36.jpg

ちらしずしの残りの食材で
子供には手まり寿司を作ってもらう。
用意するのはラップ位。
タコの足で象!とか言いながら作って
男の子も女の子も結構楽しそうにしていました。